税理士に必要な勉強量と時間

税理士を目指す人は必見!合格するための勉強量と時間を解説します

税理士になるためには

税理士は税務に関して個人や企業をサポートする「税金」の専門家です。
税理士は個人や企業から依頼され、会計処理をしたり、節税のアドバイス、また申告書の作成を行うのが業務で、税金にかかわるコンサルタント業ということができます。

この税理士になるためには、税理士法に定められた国家試験を受け国家資格を取得する必要があります。
また、そもそもその国家試験を受けるためには、受験資格というものも存在しています。

その受験資格得るためには、大学や短大、また高等専門学校において法律や経済に関した学科を卒業していること、専修学校で2年以上の専門科目を履修することが必要です。

また、高卒の人でも日本商工会議所主催の簿記検定1級を取得している人も税理士試験を受けることができます。
さらに、税理士や公認会計士、弁護士の業務を補助した経験が3年以上有る人も可能です。

一般に税理士試験は難関な国家試験として知られています。
もちろん弁護士資格や医師資格を取得するための国家試験には及びませんが、難関であることには間違いがありません。

もしあなたが学生の場合、在学中に税理士資格を取得したいと考えているのであれば、日本商工会議所主催の簿記検定1級に合格しておく必要があります。
しかし、この日商簿記の1級もそれなりに難しい試験ではあり、一般的に税理士試験を受けるのは大学の卒業後ということが多いとされています。

そもそも、税理士資格を取得するために5年や10年を費やすことは、あたりまえの世界でもあります。

そんな税理士試験に挑戦する方が、より効果的に勉強していくことができる方法を紹介していきたいと思います。

具体的な勉強量と時間とは?

いったい税理になるために必要な勉強量と時間というものはどのくらいになるのでしょうか? 難関資格だからこそ、それ相当のものになってくるのはわかると思いますが、目安というものを把握しておくことは、税理士を目指すものにとって重要な鍵になってきます。

TOPへ戻る