税理士を目指す人は必見!合格するための勉強量と時間を解説します

>

税理士試験に合格するには

税理士試験を受けるためには

税理士になるには、税理士試験を受けて合格する必要があります。

しかし、これは誰でもが受験できるというものではないということは前述しました。
税理士試験を受験するには、学識、資格、経歴の3つの資格分類があり、その条件を満たしている必要があるのです。

大学の学部さえ卒業していれば、受験の資格があるというものではなく、国税庁の規定する科目を履修している必要があるのです。

たとえば、経済学部などで規定科目を履修していれば受験することができますが、理系の大学の学部を出ても、受験資格がないという場合もありますので注意してください。

また高卒の方の場合には、たとえば「日商簿記1級」の試験に合格するなどの方法で税理士試験の受験の資格を得ることができます。

税理士試験を受けることのできる受験資格

この資格設定は以下の通りです。
学識による受験資格
「大学または短大卒で、法律学または経済学を1科目以上履修した者」
「大学3年次以上で、法律学または経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者」
「一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者」
「一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学または経済学を1科目以上履修した者」
「司法試験合格者」
「公認会計士試験の短答式試験に合格した者」

資格による税理士の受験資格は以下の通りです。
「日商簿記検定1級合格者」
「全経簿記検定上級合格者」

職歴による税理士の受験資格
「法人又は事業行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者」
「銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上従事した者」
「税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者」
(以上引用元は国税庁)


この記事をシェアする
TOPへ戻る