税理士を目指す人は必見!合格するための勉強量と時間を解説します

>

税理士試験の科目とは?

税理士試験の試験科目

税理士試験の試験科目は11種類あり、その種類は以下となります。

簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税

これをみておわかりのように、すべてが税務にかかわる科目です。
11科目というとかなりの勉強量が必要と考える方もいるかもしれませんが、実はこの11科目のうち、5科目合格すれば、税理士試験の合格となります。

しかし税理士としての基本的な技術の会得のために、必須科目が設けられています。
それが「簿記論」と「財務諸表論」です。
また「法人税法」と「所得税法」については、このどちらかの1つに合格することが必要です。

ここまでで3科目ですから、残りの2科目は好きな科目、あるいは特異な科目を受験すればよいということになります。

1度合格した科目は、再度受ける必要はない

この5つの試験について、すべて同時に合格しなければならないのかというと、そういうことではありません。

一度合格した科目については、合格したということがその後にも持ちこされますから、その次からは失敗した科目のみを受ければいいのです。

税理士試験は確かに難関な国家資格試験ですが、このような制度のおかげで、毎年、異なる科目をひとつづつ受けるということもできます。
試験勉強を計画的にたて、着実に科目試験をものにしていくという方法をとることができるのが、税理士試験です。

もちろん同じ時期に複数の科目を同時に受けることも可能ですから、順調に勉強が進んでいる人は一機に試験を受け税理士資格を取得するという手もあります。

勉強の進み具合、また受験者のスタイルに合わせた勉強方法をとりながら試験に臨むとよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る